親からお金を借りる理由は利息にある

お金が必要になったときに金融会社からお金を借りる前に親からお金を借りることを考えることは多いものです。この理由は、やはり利息にあると言えます。

金融会社からお金を借りると負担が大きくなる

金融会社からお金を借りるときは必ず利息が設定されているので、借入金額以上の金額を返済することになります。その点、親からお金を借りると利息をつけないことが大半であり、借入金額と同額を返済すれば良いので負担がゼロです。

これはとても大きなメリットであり、例えば100万円を借りて1年間かけて返済をするという状況の場合、親からお金を借りるときは一年間で100万円を返済すれば良いですが、金融会社の場合ですと1年間利息を支払い続けることになるため、返済期間が長くなるほど利息の負担は大きくなってきます。

金融会社は返済ができないと取り立てにやってくる

たった1万円でも2万円でも、負担は軽いほうが好ましいものであり、返済をしやすいものです。親からお金を借りる理由として利息以外では、返済の約束もあると思います。

金融会社からお金を借りると必ず返済をしなければなりません。そして、返済できないときは取り立てがやってきますし、最悪の場合は裁判になります。

しかし、親からお金を借りる場合は、そこまで必要以上に催促することは少ないと言えます。親の考え方によってかなり差はあると思いますが、考え方を少し変えればお小遣いとして貸すという気持ちで子供にお金を貸す親もいるものです。

親からお金を借りる一番の理由

このように親からお金を借りる理由は利息や返済できないときのリスクにあるものです。

結局のところ、お金を借りるというのは借入者のスタンスが重要だと言えます。誰からお金を借りるにしても、必ず返済をするという意思を持っているなら誰から借りてもうまく返済できるものです。

しかし、甘さに弱いスタンスであれば、親からお金を借りることで、その甘さに負けてしまい結局返済しないということもあるものです。

お金を借りる時はメリットとデメリットをしっかり見極めよう

金融会社からお金を借りることはデメリットと思いがちですが、これは親との関係性を考えれば、誰にも迷惑をかけずに好きなときに好きな金額をいつでも借入することができるため、金融会社から借りる方がメリットになることも多いです。

キャッシングを即日でしたい方はこちら

親からお金を借りると、返済できないことで親子関係に亀裂が生じることもありえるわけで、誰からお金を借りるにしてもしっかりと借りた金額を返済することは非常に大切であり、それは当たり前のことだと言えます。

しっかりと返済することができるなら、親からお金を借りることは非常にメリットがあると言えます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ