親からお金を借りると税金が無いのでお得である

お金を借りると返済をしなければなりませんが、この返済において金利がある場合、その金利には税金が含まれていることになります。

これはどのような意味かと言いますと、金融会社では必ず金利が設定されています。そして、金融会社がお客さんに対してお金を貸す場合、色々と経費がかかり、その準備においてどこかで税金も絡んでくるわけです。

お金を借りる時の「金利」って?

金利の設定というのは適当に決めているわけではなく、金融会社がしっかりと運営できるように利益が上がる仕組みになっています。税金という観点から考えても、それをまかなうための金利を設定して、お客さんに負担してもらうことになります。

金融会社が支払う税金をお客さんから絞り取る、このような言い方をするわけにはいかないものであり、しかしながら言い方などどのような言い方もできるものです。

親からお金を借りる場合、税金や金利がつくことは少ない

さて、親からお金を借りる場合は税金という観点において何も損をすることはありません。そもそも、親からお金を借りるときにそこまで考慮して子供に対して金利を付けることは非常に珍しいと言えます。

税金という言葉を使うと非常に分りにくいですが、これは金利があるかどうかだと言えます。

親からお金を借りるときは一般的に金利をつけないことが多く、返済するときは親から借りた金額を無利息で返済することが多いです。そのため、金融会社からお金を借りることを考えれば、当然親からお金を借りる方がお得になり、メリットは大きくなります。

金融会社にお金を借りると返済にも手数料が必要となる

ちょっとした豆知識ですが、金融会社が設定している金利は年率といって、経費等が全て含まれている金額になります。

金融会社に返済をするとき、どのような返済方法なのかによっても、金利以外としてお金がかかってくることがあります。その代表例はATMの手数料です。

この点においても、親からお金を借りる場合は返済するときに手数料がかかることはなく、本当に借りた金額だけを返済すれば良いため、返済時の負担という意味において金融会社とは比べ物にならないほど大きなメリットがあります。

ただ、やはり身内からお金を借りるのは気を遣うので避けたいという方は、即日審査で今日借りることが可能な金融会社で借りるのも一つです。30日無利息などをやっているところもありますので、ほんの少し借りるのであれば、利息も払う必要がない場合があります。

親からお金を借りると負担がかなり軽くなる!

金融会社からお金を借りるときは、税金も含めて金利から色々と負担が出てくるため、実際は借入金額よりも遥かに大きな金額を返済することになります。

もし、お金が必要な状況であり、親からお金を借りることが出来るのであれば、そちらの選択肢を選ぶ方が返済をするときの負担は格段に軽くなり、返済をしやすくなります。しかし、親だからという甘えで返済を逃れることは避けたいところです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ