親からお金を借りるのなら借用書の作成を

家や車、他にも色々世の中には高価なものが存在します。そんな高価なものを買うために場合によっては親からお金を借りてそれを購入するという行為をすることもあるでしょう。

しかし、この親からお金を借りるという行為には気をつけなくてはいけません。

気を付けないといけないからこそ、親には頼らないという選択肢も一つです。
もし、あなたが「できれば親には頼りたくない・・・」と少しでも思っているのなら、自分自身で借金をするという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

その方が甘えも出ませんし、親に心配をかけることもしなくて済むでしょう。
親に頼らずに自分自身で解決するということも親孝行の一つだと思います。

もし、親に頼らずに自分自身で解決しようと思うなら、こちらのサイトを参考にしてみてください。



キャッシング 即日 審査と融資が今日中に可能な会社一覧

 

 

親からお金を借りたのに贈与税がかかってしまう?

というのもこうした親からお金を借りるという行為は借りると見なされずに贈与されたと見なすことが多いからです。もし贈与されたと見なされた場合には贈与税がかかることになってしまいます。

贈与税は一定の金額や特定の条件があるのなら控除できるものではありますが、こうした親からお金を借りるというケースでは大抵は申告して納付しなければならない羽目になることでしょう。

贈与税の税率は高いので、そうなってしまったら借金をしたのにそれが無意味になってしまったということになりかねません。なので贈与と見なされず親からお金を借りたと正式に書類を用意しなければなりません。

その書類こそが借用書と呼ばれるものです。

親からお金を借りるのなら、借用書をきちんと書こう!

借用書は親からお金を借りる場合に限定して書くというわけではなく、一般の借金でもルールの取り決めとその証拠として記載するものですが、それでも親からお金を借りる行為をしたのならその証明として書くことになります。

その記載事項は返済条件と利息等の借金に対する取り決め方法です。一般の借金ではないので設定の仕方が分からないということもあるかと思いますが、基本的には銀行でのキャッシングを参考にすればいいでしょう。

そして返済をしているという証明も必要であり、手渡しではその証明にはなりにくいので、銀行での口座振込みを介して返済しているという証明の証拠を作りましょう。

借用書を書くときに必要なものとは?

また借用書には一般と同じく貸した側と借りた側、ようするに親と子の捺印が必要となります。そして金額に応じて収入印紙を貼ることも重要です。これがなければ収入印紙の脱税と見なされてしまうので忘れないようにしましょう。

ちなみに借用書の書き方に悩んでいるのなら税務署に相談するのも手です。

後は借用書を素早く用意するのも重要で、もし税額の申告前に用意するなんてなったら借金と思わせるために用意したと思われて色々トラブルになる可能性もあります。

お金を借りる時には様々なルールにも気を付けて!

何より親からお金を借りるという行為自体始めてで借用書を始めて書くということになったら時間がかかることは確実なものとなるとは思われますので、まずは親からお金を借りる前にそうした借金のルールに関しての情報を集めておいておくのが一番確実に贈与ではなく借金とできる方法になるでしょう。

後は借金の際にも色々税額が発生することもあるので、その辺りの税のルールにも気をつけてください。

そこまでして親からお金を借りるのは嫌だ!という方は

贈与税とか借用書とかそういったことまでして親からお金を借りるのは嫌だ!という方は、即日の審査キャッシングを利用するのも一つの手かもしれません。身内同士でお金の貸し借りをすると甘えが出たりしますが、国から認可を受けた機関からお金を借りることで甘えも出ませんし、税金や贈与税の心配などもありません。

どうしても親からお金を借りる必要がなく、個人的な利用でお金を必要としているのであればこういったサービスを利用するのが一番気が楽かと思います。できるだけ身内とのお金のやり取りを避けたい方は一度考えてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ