親からお金を借りるときは金利が無い

お金を借りるときに金利があるかどうか、これは返済するときの事を考えますと、非常に大きな差だと言えます。金利が無くお金を借りるなら、やはり親からお金を借りるのが最も確実な方法です。

親からお金を借りる時金利をつける人は少ない

一般的に言いますと、親は子供に対して甘いものであり、子供にお金を貸すときに金利を付けることは珍しいと言えます。

友人同士でお金の貸し借りをするときは、しっかりと返済してもらうためにも誓約書などにおいて金利を設定することがありますが、親子関係の場合は少ないと言えます。しかも、親にお金を借りるときに色々とお金が必要な理由を説明するものですが、その理由によってはさらに金利がつく可能性は低くなると言えます。

もし、理由によって金利を付けるのであれば、そもそもお金を貸さないという親は多いでしょう。

親にお金を借りる時の気遣い

さて、親からお金を借りるときは返済の負担がほぼゼロであり、借りた金額をしっかりと返済すれば良いという約束が多くあります。ここで色々な考え方を持つことが出来ます。

親としてもお金を貸すことが厳しいこともあります。それを考慮しますと、返済時の利息は無いとは言え、親の事を考えて借入金額よりも大きな金額を返済することで、その気持ちをしっかりと伝えることが出来ます。

こうした気遣いというのは自分にとってもメリットとなることがあります。

親にお金を借りたらしっかりと返済することが大事

親に対してしっかりと返済をして、返済時の金額も考慮すれば、再び親からお金を借りるときは借りやすくなります。

一度、しっかりと返済をしたという信頼がありますし、そのときに利息が無いとは言え、金額を考慮することで気持ちが伝わっていますし、やはり再びお金が必要になったときに親からお金を借りることが簡単になってきます。

金融会社の利息は高いことが多い

金融会社からお金を借りて、返済するときの利息というのは会社によってはかなり高い設定になっていることは多いです。そのことを考えますと、親に少し大きな金額を返済したとしても、それはデメリットになるというよりは、それでも大きなメリットだと言えます。

親からお金を借りる時にもっとも大切なこと

親からお金を借りるときに最も注意したいことは、親子関係を崩さないことだと言えます。お金というのは本当に魅力があり、誰にとっても必要なものです。

たとえ親子であっても、お金の問題によって親子関係が崩れることはあるもので、これだけは避けたいところです。そのためには、親からお金を借りるときにしっかりと返済をするという約束をして、時間がかかってもしっかりと返済をしたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ