親からお金を借りる際の税金の扱いとは

人によっては親からお金を借りて何か購入したという経験がある方もいるでしょう。

しかし親からお金を借りるということは借金をしたということです。親からお金を借りても借金は借金です。

ですがここで税額が関係する厄介な問題が関わってきます。

親からお金を借りると贈与とみなされる?

一般的に親からお金を借りるという行為は、親からお金を贈与されたと見なされることが多いです。なので税を管理する側としては贈与と判断して贈与税を要求してくるようになります。

なので普通に親からお金を借りる行為をしても贈与とみなされて贈与税を支払わなくてはいけないということになるので、そこでどうにかして親からお金を贈与されたではなく親からお金を借りると見なされるためには様々な手順を踏まなければなりません。

お金を借りるときは借金をしたという証拠を作ろう

まず一般的な借金というのは借金をしたということでそれに対する書類を制作します。そうでなければ借金をした事実が分からずにいざ返済となるとトラブルが起きる可能性も高くなり、裁判沙汰になっても証拠がないので貸した側が不利になるからです。

そしてこれは親からお金を借りる場合でも同じことであり、親からお金を借りた証明をする書類がなければ税を管理する側も証拠がないので借金をしたとは見てくれなくなります。

お金を借りる時の書類の正しい作り方

その書類の作成方法は必要事項として返済条件、利息、返済がなかった場合にはどうするか等の取り決めを記載しなければなりません。

といってももちろん一般の借金ではなく親からお金を借りたという状況なので、その内容は一般とは異なった考え方をしなくてはいけません。返済条件の場合にはあまりにも不自然な条件は避けるべきでしょう。

また本当に借金をしているかのようにするために、その借りた側の生活に疑問が生じないような内容にすることも大事です。

利息を明記して贈与税の課税を避けよう

そして利息ですが、つけない場合には一定の条件を除いて贈与税の課税がされることになります。つけた場合にはその利息分は親の所得税の対象となります。

ここら辺りの税額は条件によって申告が必要ない、控除できるということもあるので、その税額の種類ごとに確認をしておくとよいでしょう。

返済するときも証拠を残すことを忘れずに!

後は実際に返済していくことですが、この返済をしているという実績を証明しなければ贈与になってしまうので、銀行振り込み等を利用して返済している証拠を残しましょう。

ただ方法によっては税務署側のチェックで贈与と見なされてしまう場合があるので気をつけましょう。後は書類の作成した場合に慌てて借金とするために作ったと見なされないようにその証明の日付の印を押してもらっておくとよいでしょう。

親からお金を借りるのも色々と面倒だし、それなら親に迷惑をかけずにどこかからお金を借りたいという方はお金借りる研究室.comを参考の上、賢い借り方をしてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ